未分類

副業がバレる原因

投稿日:

ほとんどの方々が仕事を行うにあたって地方税を始めとした様々な税金が給与天引きされている中、どの程度給与天引きされているかさえもわかっていない方々の方が多いのではないかと思います。

そして、最近では副業を解禁する会社も増えてきている中、場合によっては解禁されている企業、もしくは解禁されていない企業関係なく副業を手がけたいと言う方々が増えてくるのではないかと思います。

ここで問題になるのが税金についてです。引っ越しのお手伝いや現場の土木作業員の仕事以外となれば現場でそのまま税金も関係なく現金が手渡しなのではなく、明細が付与されて税金が差し引かれることになります。
もちろんのことながら、きちんとした書面で残ることになり、自らの報酬の対価に対して税金を支払う必要が出てきます。

ここで問題は、本業の企業に対して副業をオープンにしていない場合です。副業も給与天引きで税金が差し引かれる場合、地方税が自治体のほうに自動的にオープンになってきてしまいます。

そして、収入が多ければ多いほどこの金額が本流の企業のほうの明細にも見えてくることになります。結果的に人事部門から副業をしていることがばれてしまう可能性があるのです。

実際のところ、アンケートサイトやポイントサイト、ちょっとしたインターネット経由でできる副業については税金が徴収されることもなく、ひいては会社側に腹がばれる事はまずないと言えるでしょう。しかしながら、ある程度中間事業者と契約を結ぶことによって仕事を進めていくためには明細が発生し税金が徴収されることも出てきます。

このような際に金額が大きくなればなるほど本業の企業の経理部門や人事部門に税金の金額で副業がばれる恐れが出てきます。

ですから、副業を行う場合、特に源泉徴収票が発生するような副業を行いたいと考えているのであれば必ず自分自身が勤める企業に対して副業を行うことを申請し、認めてもらうことが重要でしょう。

明確にこのような行為を行っていなければ、自分自身が実際に企業から突っ込まれたときに申し開きができず、副業はやめざるを得ず、本業にも影響が出てくる可能性があります。

ある意味、このような副業の税金については継続して行っていくためのリスクの1つにもなってしまいますので、オープンにして進めていくこと、これが最初のステップとして重要になってくるのではないでしょうか。早め早めの対処がお勧めです。 

-未分類

Copyright© みんなのネットビジネス|合同会社SELECT(セレクト)のワーケーション , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.